So-net無料ブログ作成

グーグル、ウェブ検索で書籍の検索・閲覧が可能に

写真拡大グーグル、ウェブ検索で書籍の検索・閲覧が可能に  写真一覧(5件)  グーグルは16日、書籍を検索して閲覧できる「Google ブックス」の機能をウェブ検索でも利用できるように統合したと発表した。 同機能は、ウェブ検索ボックスに入力した文字列から「Google ブックス」の書籍を検索し、書籍内の本文を表示できるというもの。使い方はウェブ検索と同様、まず検索したい書籍名や著者名などのキーワードを入力して検索ボタンを押す。次に、検索結果画面の左上にある[検索ツールを表示]をクリックして、左側に並んだメニューの中から[書籍]を選ぶ。すると、入力した検索キーワードに該当する書籍の一覧を表示する仕組み。書籍名をクリックすると、書籍の本文を閲覧できるようになる。■関連ニュース米Google、Google Mapsに自転車ルート検索機能を追加米Google、Android端末向けジェスチャーサーチグーグル、路線別に列車運行状況がわかる「運行情報」検索機能を追加Googleリアルタイム検索、AndroidとiPhoneにも対応Google EarthのAndroid版が登場!音声検索で目的地表示も

米政府、「普天間継続使用」を日本に伝達へ(産経新聞)

 【ワシントン=佐々木類】米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)移設問題をめぐり、鳩山政権が目指す5月末までの決着が困難になっているのを受け、米政府は飛行場を継続使用していくとの判断を固めたことが分かった。複数の日米関係筋が明らかにした。米政府は今後、鳩山政権の出方を見守りながら、継続使用する考えを日本側に伝えるタイミングをはかっていく。

 日本政府が新たに検討しているキャンプ・シュワブ(同県名護市辺野古)南方沖の浅瀬案は、同沿岸部へ移設するとした現行案を事実上、微修正したに過ぎず、米側が容認する可能性も残されている。しかし、日米関係筋によると、米政府が普天間飛行場を継続使用せざるを得ないと判断したのは、同案の与党内の調整が困難で合意できる見通しがないとみているからだ。

 米政府は、現行案を「最善」としながらも、2月ごろまでは「さまざまな異なる可能性に向き合う用意がある」(キャンベル国務次官補)として、決断を先送りする鳩山政権に「忍耐」を示してきた。

 しかし米政府はこうした方針を転換し、3月下旬に訪米した岡田克也外相にゲーツ国防長官が「海兵隊の沖縄駐留が政治面でも部隊運用面でも持続可能なものでなければならない」と米側の具体的な意向を初めて伝えた。

 「政治面」とは、移設先の地元の合意が必要だという意味であり、「部隊運用面」が、航空、地上、訓練場所が同じ地域にあるという意味であることを踏まえれば、2つの条件を「持続可能」とするには、現行案を履行する以外の選択肢はあり得ないというメッセージだった。

 迷走を続ける鳩山政権について、米政府高官は日米関係筋に、「ハトヤマは事態の深刻さが分かっていない。米政府は鳩山政権に期待するのをあきらめた」と語ったという。その具体的な答えが、12日の核安全保障サミットの夕食会を利用した10分間の非公式会談だった、という。

【関連記事】
鳩山政権 余命1カ月? 閣僚から「衆参同日選」発言
辺野古「浅瀬」案 地元は条件次第で受け入れの動きも 首相への不信ますます 
「普通なら退陣でしょう」 普天間問題、迷走する鳩山政権
【鳩山政権考】不実で不透明な普天間論議
鳩山首相「普天間なんて皆、知らなかった。メディアが動きすぎ」
外国人地方参政権問題に一石

松本清張賞に村木嵐さん(時事通信)
「日本で働く韓国人ホステスの方が金使う」韓国人ホストクラブ摘発(産経新聞)
大仏さまも花見どうぞ 東大寺(産経新聞)
福島党首、石原知事の発言「人種差別」と批判(読売新聞)
山田・杉並区長、参院選出馬は明言せず(読売新聞)

郵便不正公判 村木被告、涙で無罪主張 関与改めて否定(毎日新聞)

 郵便不正事件で虚偽有印公文書作成・同行使罪に問われた厚生労働省元局長、村木厚子被告(54)の第17回公判が14日、大阪地裁で開かれ、初公判以来約3カ月ぶりに村木被告が証言した。村木被告は「検事から『執行猶予がつけば大したことない』と言われて腹が立った。私にとっては30年の公務員生活で築いた信用が失われる問題だ」と涙ながらに訴え、改めて無罪を主張した。

 弁護側の尋問に対して、村木被告は、偽証明書を作成したとされる上村勉被告(40)との関係を聞かれ、「1対1で話したことはないし、直接指示をしたこともない」と改めて関与を否定した。

 また昨年6月下旬の逮捕後の取り調べ中、あらかじめ作成された供述調書への署名を求められ、拒否したことを明らかにした。村木被告は「私が言ってもいない上村被告や上司の悪口が書かれていた」と証言。しかし検事がその後、「筆が滑った」と誤りを認めて書き直したため、最終的に署名したという。

 村木被告の証言の前には、当時の部下らを取り調べた牧野善憲副検事(42)が出廷。「障害者自立支援法のため野党議員に配慮する必要があった」とする部下の供述調書について、牧野副検事は「当時は法案はなかったかもしれない。私の方から水を向けた」と述べた。

【日野行介】

【関連ニュース】
郵便不正公判:「自立支援法」供述 副検事が誘導認める
郵便不正事件:大阪地裁が上村被告弁護人の証人申請却下
郵便不正事件:副検事が出廷、信用性を主張…大阪地裁
郵便不正:元局長の部下が出廷 「記憶にない」と証言
郵便不正:障害者団体の元幹部、起訴内容認める

短期間の補充捜査、手探りの立証に 明石歩道橋事故 (産経新聞)
エプソンのパソコン発火の恐れ、無償修理(読売新聞)
23年度の公務員採用、抑制方針で一致(産経新聞)
防災担当相が桜島視察(産経新聞)
<汚職>贈賄業者が経営再建狙い幸田町議に工作依頼か 愛知(毎日新聞)

え、これ映画!? 久々に見たマシニマが進化しすぎていた件

"動画は有名なロシア空港テロのシーンを中心に再構成したもの。矢継ぎ早に展開されるクライマックスの連続に、思わず息を呑んで見入ってしまいます"  CG映像のジャンルのひとつに「マシニマ」というのがあります。「マシン+シネマ」でマシニマ。ざっくり言えば、FPSなどのゲーム映像を使って作成されたムービーのことです。 なんだか分かるような分からないような……という人は、以下の動画をどうぞ。こちらは「コール・オブ・デューティ モダン・ウォーフェア2」を使って撮影されたマシニマで、ゲーム中のシーンを別アングルから撮影したり、再編集してつなぎ合わせたりすることで、まるで映画のような映像とテンポを実現しています。 動画は3月6日に投稿されたもので、現在までの再生数は約28万回。YouTubeに寄せられたコメントを見ても、「すばらしい、お金を払ってもいい!」「もう映画なんか作らなくていいな」などいずれも絶賛の嵐となっています。 マシニマが作られはじめたのは1990年代のこと。「DOOM」や「Quake」といったFPSのリプレイ機能を使って映像を録画し、ちょっとしたショートムービーを作ったのがはじまりだと言われています。3D空間の中を自由に動き回ることができ、ステージやキャラクターの容姿などを手軽にカスタマイズできるFPSは、マシニマ作りにぴったりのツールでした。初期のマシニマはCGムービーというより人形劇のようなものでしたが、上記動画を見るとその進化ぶりにあらためて驚かされます。【池谷勇人】■関連記事日々是遊戯:「モダン ウォーフェア2」ユーザーが、色覚異常用パッチを求める署名運動を開始日々是遊戯:「Call of Duty: Modern Warfare 2」が、発売初日で700万本を販売する快挙日々是遊戯:「ファイナルファンタジーVII-2」キターッ! ……って、ネタですか?日々是遊戯:制作期間1年以上! 「アイマスMAD」の常識を覆した動画「3A07」がスゴい日々是遊戯:「結婚式に参加したければ、このゲームをクリアしてください」――ドイツ人カップルが送った、ちょっと変わった招待状

追悼・藤田まこと、中村主水の勇姿再び〜劇場版「必殺」シリーズ6作を

写真拡大(c) 1984 松竹株式会社・朝日放送株式会社  写真一覧(2件)  昼は冴えない同心、夜は凄腕の仕事人……藤田まこと主演の痛快時代劇「必殺!」シリーズ劇場版全6作をShowTimeの「シネマ」ジャンルで緊急公開開始した。 「必殺!」シリーズ劇場版は、1972年9月にスタートした「必殺仕掛人」から30超のシリーズとなった人気時代劇のテレビ放送600回を記念して制作された1984年の「必殺! THE HISSATSU」が第1作。今回は同作から1996年の「必殺! 主水死す」まで、中村主水が率いる仕事人が活躍する全6作品を配信している。 昼は奉行所に勤めるしがない同心ながら、夜は人知れず悪を斬る凄腕の仕事人。しかし、家庭では嫁と姑から「給料が安い」「子供ができない」といびられ続けるという主人公の中村主水は、故・藤田まことの当たり役となった。視聴料金は各367円/7日間となっている。■関連ニュース話題のSF映画「第9地区」をマンガ喫茶・ネットカフェでオンライン試写また3D映画主演、「アバター」サム・ワーシントンが2度目の来日決定劇場版では未公開だった映像も〜M・ジャクソン「THIS IS IT 特別映像」こういうの演じさせると絶品〜“奥手”なチェ・ジウがプレイボーイと14日、「踊る大捜査線 THE MOVIE 3」監視カメラに何かが起きる

首相の指導力強調=郵政改革案決着で−亀井担当相(時事通信)

 亀井静香金融・郵政改革担当相は31日午前、民放のテレビ番組で、郵政改革案の骨格が決まった前日の閣僚懇談会について「もう少し議論をすべきだとの官房長官の言葉を首相が制した」とのエピソードを明かし、鳩山由紀夫首相の指導力が発揮された結果だと強調した。
 亀井氏は郵便貯金の預入限度額拡大が「民業圧迫」につながるとの指摘に対し、郵政改革の法律施行時に預金シフトの状況などを見極めた上で、引き下げも含めて見直しを行う考えを改めて表明。公共事業への資金活用が財政投融資改革の流れに逆行するとの批判には「必要なことに使っていくというのであればいい」と反論した。 

【関連ニュース】
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

宅八郎氏を起訴猶予 脅迫容疑で書類送検(産経新聞)
小泉被告に死刑判決=元次官ら連続殺傷−さいたま地裁(時事通信)
<変死>資材置き場に遺体 「殺された」親族が通報 北九州(毎日新聞)
<鳩山首相>参院選「2人当選に全力」(毎日新聞)
首相動静(4月3日)(時事通信)

渋谷の温泉施設爆発、施工担当ら2人在宅起訴(読売新聞)

 東京・渋谷で2007年6月、従業員3人が死亡、通行人ら5人が重軽傷を負った温泉施設「SHIESPA(シエスパ)」の爆発事故で、東京地検は26日、設計・施工を担当した大手ゼネコン「大成建設」(新宿区)シニアエンジニアの角田宜彦容疑者(51)と、施設を運営していた「ユニマット不動産」(港区)取締役の菅原啓之容疑者(47)を、業務上過失致死傷罪で東京地裁に在宅起訴した。

旭山動物園を全国一に…小菅名誉園長退任へ(読売新聞)
亀井氏が前田日明氏への出馬要請認める(スポーツ報知)
普天間政府案、外相「抑止力維持の検討必要」(読売新聞)
天気 ようやく春の日差し戻る 静岡など(毎日新聞)
年金詐取し上納 弘道会系組長ら再逮捕(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。